投資入門

    外貨長期保有で値上がり益とスワップ金利を稼ぐベストな方法

    えなこいんです

    最近FXオーストラリアドル投資を始めました。

    えなこいんは、プログラマーであると同時にファイナンシャルプランナーでもあるため、勉強もかねていろいろな投資をしています。
    外貨についてもドルを、1ドル80円の頃買って120円に売ったりして利益を出しています(^-^

    その時は外貨預金を使って買っていたのですが、
    今回はFX(外貨為替証拠金取引)でオーストラリアドル(AUD/JPY)にチャレンジです。

    FXと聞くと危険なイメージですが、どうしてFXにしたか解説していきますね。

    そもそもFXってなに?

    FX(foreign exchange)の略で、直訳すると外貨の両替ですが、
    日本では、外国為替証拠金取引と言います。

    預けた元手(証拠金)で外貨を借りて、
    基本的には差金決済で、買ったとき・売ったときの差分の損益/利益だけ払えばいいという取引となります。

    また、自国の通貨と、買う通貨との金利差があると、その金利が毎日貰えます。
    この金利のことをスワップポイントといいます。

    日本の場合、金利がほぼゼロということがあり、
    金利がそこそこある通貨を「買った」場合保有するだけでスワップポイントがもらえます。

    FXと株の信用取引との違い

    株式には信用取引というものがあります。
    これは株を借りて、買ったり売ったりするという取引なのですが、
    株を借りるためには「貸株料」や場合によっては「逆日歩」というレンタル料が毎日発生します。

    えなこいんは勘違いしていたのですが、FXにはレンタル料は発生しません

    よって、スワップポイントがもらえる場合、FXで外貨の長期保有が可能です

    レバレッジ1倍という安全なFX

    ところでFXでは元手(証拠金)に対して、最大25倍までの外貨が買えてしまいます。
    たとえば、10万円用意するだけで最大250万円分の通貨が買えます。
    この場合レバレッジ25倍の取引となります。

    ただ、レバレッジを上げれば上げるほど、
    為替の変動に対してのリスクがレバレッジ倍率に比例して上がります。

    リスクがレバレッジに比例するイメージ

    (1)レバレッジ1倍の場合
    10万円用意して1ドル100円で10万円分(1,000通貨)買っていたとします。
    これが1ドル80円まで下がった場合、損失は2万円(-20×1,000)です。

    (2)レバレッジ25倍の場合
    一方、10万円用意してレバレッジ25倍で250万円分(25,000通貨)買っていたとします。
    これが1ドル80円まで下がった場合、損失は50万円(-20×25,000)となります。

    ※そもそも、証拠金が25倍ギリギリの10万円の場合、
    ちょっと下がっただけで証拠金不足となり強制的にロスカットの決済がおこなわれます

    そこで、証拠金の分しか通貨を買わないレバレッジ1倍のFXだと、外貨預金と同等のリスクで外貨を保有することが可能となります。

    (おまけ)レバレッジ1倍のFXという言葉を知った本

    ホリエモンさんの本は、役立つキーワードでいっぱいです。拾っていきたいです。
    イケハヤさんのブログギルドの投資部部長ねくさんのブログやもFXやるのに大変役に立ちますよ。

    なぜレバレッジ1倍のFXか?

    ここまでで、1倍のFXについて説明しました。
    証拠金の額だけ外貨を買うというだけです。
    例えば10万円で1ドル100円のドルを1,000通貨をFXで買うだけで1倍のFXとなります。

    しかし、証拠金の分しか買わないなら外貨預金でもいい気がします。
    何故FXがいいと判断したでしょうか?

    FX VS 外貨預金 VS 外貨MMF で比較

    手数料やスワップポイント(金利・利回り)などについて
    FXと外貨預金と外貨MMFで比較してみました。

    アメリカドルのFXと外貨預金の比較

    FX外貨預金外貨MMF
    為替手数料0.003円0.04円0.25~0.50円
    スワップポイント(金利)1.329%0.500%1.503%
    管理費用00-0.69%/年

    MMFという金融商品を比較に入れたのは金利が高かったためですが、管理費用が高いため総合するとFXの方が有利です。

    オーストラリアドルのFXと外貨預金との比較

    FX外貨預金外貨MMF
    為替手数料0.001円0.25円0.40~0.80円
    スワップポイント(金利)2.314%1.000%1.367%
    管理費用00-0.69%/年

    表は 2018/09/08 えなこいん作成
    FXはヒロセ通商のLION FX、外貨普通預金は住信SBI銀行、外貨MMFは野村外貨MMF

    おわりに

    ということで、外貨預金よりFXの方が有利なことがわかりました。

    あと、えなこいんも、オーストラリアドルが82円のラインを切ったので、買いました。

    ちなみに豪ドルのスワップポイントは、
    ヒロセ通商がトップクラスで、1単位が1,000通貨から買えてスワップポイントが1日5円(/1000通貨)ももらえます♪

    このまま 10,000通貨まで買い増しして、
    90円くらいになるまで長期ホールドし半分売って、
    100円になったら残りを全部売ろうと思っています。
    この作戦がうまくいくと80万円分買って15万くらいの利益になります。
    スワップポイントも1,000通貨で1日5円ですから、10,000通貨で1年持つと18,250円です。

    豪ドルのFXですが、私はヒロセ通商を使っています。
    ヒロセだと最小取引単位が1,000通貨からなのでオーストラリアドルなら80,000円くらいでレバレッジ1倍で長期ホールドができますよ。



    ▲ヒロセ通商でFXをはじめてみる▲

    豪ドルならヒロセがベストだと判断しましたが、その他のFX会社もお得なキャンペーンがやっていることがありますので、気に入った会社を選んでみてください。









    ではでは~