プログラミング(ブロックチェーン)

    Solidtyなしでブロックチェーンアプリ入門?!

    えなこいんです

    ブロックチェーン・イーサリアム上では、
    スマートコントラクトというプログラムを動かすことができます。

    ただ、このプログラム「DApp」の開発が難しいと思わせる原因の1つが
    Solidty という専用のプログラミング言語です。

    とっかかりが悪いですよね。
    今回は、初心者向けにイメージがつきやすい解説をしてみようと思います。

    日経ソフトウエア2018年5月号』の
    特集3 が自分で作るブロックチェーン Webアプリケーションでした。

    自分で作るブロックチェーン Webアプリケーション 話題のイーサリアムの「DApp」について学ぼう

    Amazon によると特集内容の要約は次の通りです。

    イーサリアムの特徴は、用途に応じてブロックチェーンシステムをカスタマイズできる、
    「ブロックチェーンアプリケーションプラットフォーム」としての機能を備えていることです。
    この記事では、ブロックチェーンアプリケーションプラットフォームに関して、
    「DApp(Decentralized App)」「イーサリアムのJSON-RPC」「web3.js」の3つのトピックを解説します。

    よくわからんです。

    えなこいんの手元に本誌がありましたので、読んでみました...

    どんな内容だった?

    読んでみたところ、とっかかりとして、いい記事でした

    dAppsの仕組みがよくわかった

    まず、イーサリアムのネットワークがない世界を考えます。

    そこに、自分のPC上にイーサリアムのノードを建てます。
    このノードは「Geth」というプログラムが標準です。

    これを起動すると、いきなりETHのマイニングがはじまります。
    マイニングしたいわけじゃないんだよ!
    と思いつつも、ノードが行うのは、
    (1)マイニング
    (2)送金
    (3)スマートコントラクトの生成
    (4)トランザクションの生成
    (5)ブロックチェーンの確認
    なので、ノードが必要なわけです。

    そのノードに対して、html から通信してスマートコントラクトを実行するという形になります。

    この html とスマートコントラクトを合わせると dApps のできあがりです。
    また、web3.js というファイルを使うと、ブラウザからかんたんにノードに対しての通信ができるようになっています。

    Solidity 無しなので、アカウントを作るとか、残高を確認する、みたいな基本的な操作しかできませんが、
    そこまでの操作の方法やコードが載っていましたので、
    dApps に詳しくなりたい方や、これからブロックチェーンのプログラムを書く方、書いていてイマイチ理解があやふやな方は、読む価値ありですよ。

    ではでは~