Amazon

    Kindle Paperwhite 防水モデル(2018秋)買っちゃった。

    先日、Kindle 端末の上位モデル Kindle Paperwhite を買いました。
    2018年秋モデルです。

    昔、買った無印版Kindleと比べて、すごく違いがありました!
    比較しながら見ていきますので、
    Kindle Paperwhite無印Kindleで悩んでいる人はぜひぜひご覧ください。

    2018 Kindle Paperwhite の特徴

    なんといっても防水がすごいです。そして、無印版にはないLEDライトもあり買ってから驚きました。

    Kindle Paperwhiteと無印Kindleとの違い

    新モデル第10世代Kindle Paperwhite と現行第8世代無印Kindleとの違いは以下の通りです。

    • 防水あり → なし
    • 解像度は 300ppi → 167ppi になるので半分くらいの粗さ
    • ストレージ 32GB/8GB → 4GB
    • バックライト あり → なし

    あと、サイズについて細かい写真を撮りました。
    写真は、現行の無印Kindle第8世代(2016)との比較ではなく、無印第7世代Kindleとの比較ですが、雰囲気はつかめると思います。
    黒がPaperwhite、白が無印Kindleです。

    新型 KindlePaperwhite の方が若干薄く、そして裏は高級なマットな仕上げになっているのが特徴です。(あと黒色がある)

    KindlePaperwhite用のカバーも買っちゃった

    KindlePaperwhite カバーは何か買うのがおススメ。
    以前のKindleを使っているときは無しで使っていましたが、理由があります。
    KindlePaperwhiteのカバーは磁石が入っていて、ぴたっと閉まるだけでなく閉めるとスリープするようになります。

    今回からサイズが違うので2018秋モデルとか防水モデル用と書いているものを買いましょう。
    ここだけの話、公式のは高いのでリーズナブルなものを私は買いました。

    わたしのはこれ!

    このカバーの写真も撮りました。

    Kindle Paperwhiteはいつ買いか?

    Kindle を持っているのであまり不自由はなかったのですが、ストレージの少なさに不満があったので、
    新しいのを買うかどうか悩んでいました。
    特に期間限定無料マンガ本を一気にダウンロードする際には、かなりの本を削除する必要がありました。

    そこで、twitterで悩んでいたところ背中を押してもらいました!

    毎日使っているものだから、新しくするのありですよね!

    ちなみに昔はprime会員なら4000円引きで無印KindleやKindle Paperwhiteが買えたんですが、いまは会員割引はやっていません。

    終わりに

    ということで、思わず買った新型Kindle Paperwhiteですが、
    なんと防水!そしてバックライト付き容量も32GBといいことずくめでした。
    もちろん画質もいいです。

    ↑「広告あり」モデルが2000円引きでお得です。paperwhite は8GBと32GBがありますが、ここは迷わず多い方を選びましょう。

    Kindle本はアプリでも読めるのでタブレットやスマホ、ノートPCでええやんて思うこともありますが、
    Kindle端末にはそれらにない特徴があります。

    それはバックライトなしでも読めるインクを使っていて目に優しいという点です。(あと軽い)

    目を酷使するプログラマーにとってこの特徴はありがたいです!

    みなさんも、悩んだら買い!でいきましょう。
    もちろん最上位モデルの Oasis を狙う人も買っちゃいな!(笑)

    ではでは~