イーサリアム

    [イーサリアム]今までに使ったガス代を調べる方法

    ブロックチェーン・イーサリアムでは、通貨であるETH(イーサ)の送金やゲームの操作、ERC20などの暗号資産の送付もしくは受取りなど何かアクションを起こすために、トランザクション費用が必要となります。

    トランザクション費用は、GAS price(ガス代)と呼ばれ、ブロックチェーンの維持費に使われます。
    スマートコントラクトという小さなプログラムを実行したことによる報酬です。
    ガス代はネットワークの状態で変わっていきます。
    今回は今まで、どれだけのガス代を使ってきたか見る方法についてです。

    GaScouterで今までに使ったトランザクション費用を確認!

    GaScouter(ガススカウター)はあるウォレットアドレスが今までに使ったガス代を表示してくれるサービスです。
    メタマスクのアイコンが、ドラゴンボールのスカウターを付けてます (^^)

    GaScouter使ってみた

    使い方は簡単。
    MetaMask にログインあるいは Trust ブラウザなどで、GaScouter(ガスカウター)アクセスするだけです。ガス代などはかかりません。

    結果につぶやきボタンがあったのでつぶやいてみました。

    結果画面はツイート内容の後半+つぶやきボタンとシンプルなものでした。

    おわりに

    いかがだったでしょうか。

    わたしは、半年で 0.5ETH も使っててびっくりです。今の相場でも1万円以上、過去の相場だと5万円になります。
    あまりに高いガス代には注意しないといけないなと、思いました。

    ではでは〜