息抜き

    あわぢびーる

    兵庫県の淡路島、本州と四国の間に位置する、大きな島です。
    神話によると日本はこの淡路島から出来たとか。

    そんな、淡路島の地ビールが届きました!
    その名もあわぢびーる。そのままです。

    あわぢびーるの入手方法

    今回、あわぢびーるはオリックスの株主優待で貰いました。

    なんと5種*2本ずつのセットです。

    公式通販や、Amazonなんかでも売ってます。

    ハイウェイオアシスにもある

    あとは、淡路のサービスエリア・ハイウェイオアシスでも売ってますね!
    淡路SAというと、明石海峡大橋を渡ったとこすぐにある観覧車があるアレです。
    ハイウェイオアシスはさらに、駐車場内をぐるって登っていったところにある食事もできるちょっと落ち着いたところ。

    そちらの売店でも販売していることを確認しています。

    あわぢびーるは非加熱の地ビール!


    あわぢびーるはクール便で届きました。
    パッケージこんなんだっけ? かっこよくなっているw

    クール便ということは、酵母が生きている非加熱タイプのビールのようです。
    さらに無濾過なのでオリが混ざっているので立てて保存してゆっくり注ぐ必要があります。
    まさに、生のビールですね。
    賞味期限も3,4ヶ月程度と短めなので早く飲んじゃいましょう。

    あわぢびーるの種類


    スタイルや種類も昔より増えて
    今回届いたあわぢびーるは5種類でした。

    ・アルト
    ・ヴァイツェン
    ・ピルスナー
    ・ペールエール
    ・島レモン

    飲み比べてみた感想を。

    まずピルスナーが万人受けだと思う。
    飲み慣れた感じのスタイルだし、更に飲みやすく仕上げている。

    その他のスタイルは、結構そのスタイルの特徴を最大に表現している感じ。

    ・アルトは苦め。でもクセはなし。
    ・ヴァイツェンは風味豊か。甘めには寄せていない。
    ・ペールエールはホップたっぷり。IPAみたいな感じ。

    ・島レモン・・・、ヴァイツェンにレモン絞っている。すっぱいです。暑い夏にはいいね。

    みんな個性があって大変良かったです(^ー^

    その他にも

    公式ページ見ていると、ペールエールがなくって、レッドエールというのになっていた。
    あと、淡路米仕込みピルスナーというピルスナーが美味しそうだった。

    こちらも、どこかで飲んでみたいと思います。

    終わりに

    最近、グーグルもお酒の記事を書いても大丈夫になったそうなので、
    好きな地ビールのお話でも書いていければと思います(^ー^

    created by Rinker
    ギフトオンリーワン
    ¥2,750
    (2020/11/24 04:22:07時点 Amazon調べ-詳細)

    ではでは〜

    オリックスも割安なので買っておくのも手かも?