投資ネタ

[投資ネタ]株式低資金攻略★バーコード株投資法 [低位株]

えなこいんです

ブロックチェーン技術を使ったゲームって、先行・廃課金 有利なイメージですがありますが
えなこいんはそこに風穴をあけるべくいくつかのゲームで低資金攻略を行なっています。

そのシリーズが好評につき、番外編を思いついたので書いてみました(╹◡╹)

お金がほしい

仮想通貨ゲームに使うイーサリアムの通貨(ETH)の購入や、頑張った自分へのプチご褒美など、あと少しお金があったらいいな〜と思ったことありませんか?

えっ、常に思ってる?

あと株に興味があるけど、なんだか怖い、元手かかりそう、借金背負いそう、
でも少額ならやってみたい、とか思ってる方いませんか?

いやいや株は興味ないんで、という方もネタだけ見ていってください。

今回は、えなこいんが昔考えたバーコード株投資法という
低位株を使った投資手法を紹介します(╹◡╹)

低位株とは?

まず低位株についてです。
低位株とは、明確な定義はないのですが、一般的に株価が低い株のことをいいます。

株価が低いの目安は人それぞれですが、Wikipedia によると 500円とか 300円とかそれ以下とのことのようです。

例えば、ヤフー[4689] ですが、1株400円です。
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=4689
株式は大抵100株単位での売買なので、
40,000 円あればヤフーの株主になれます(╹◡╹)

これを単にお金で買う(現物買い といいます)場合、
値上がっても値下がってもお金はそれ以上取られません。

これだけの資金で株式は はじめられるんですよ。

超低井株?

低位株ですが、さらに株価が100円以下とかになってくると超低位株とか
言葉は悪いですがボロ株と呼んだりします。
低位株で有名どころではキムラタン[8107]などがあります。1株40円です。
こちらだと、4,000円からはじめられますね。(ただ、おすすめかどうかは・・・)

さてさて、ここまでで低位株について理解していただけだと思います。

低位株でなにかできないか

えなこいんがあまり投資にお金をさけなかった頃、「低位株」という言葉を知りました。
(「草コイン」と似た響きですね)

株価の安い順ランキングのサイトもあります
株ドラゴン

株価があまりに低いと倒産の恐れがありますので、
せめて PER がマイナスでなくて 15以下の会社がいいかな?
(PERは、低いほど会社の利益に対して株価が割安であることを示す指標。ただしマイナスの会社は赤字)

バーコード株

株価の低い会社を調べて、ヤフーファイナンスと株価チャートを眺めていたら変なチャートを見つけました。

(イメージ)

なんだこれ??
1日1,2円しか動いていないチャートを発見。
バーコードみたいだ。
しかも、この状態が何日も続いていました。

えなこいんが見たのは、とある120円前後を行ったり来たりする株式でした。

これをみて

●119円で指値で買注文する
●買えたら120円で売注文する
●注文が通らなかったらあきらめる

という戦略を思いつきました
無限に100円儲かる

ただ、この戦略で考慮されていないのは売買手数料です。
普通の証券会社だと買う時と売る時に、売買手数料がかかるので、赤字になってしまいます。

手数料無料で株式を売買する方法

手数料が無料なら、この方法が使えるのに・・・

実は、手数料を無料にする方法はいくつかあるんですが、低位株投資と相性のいい簡単な方法があるんです。

その方法の一つで、今回紹介するのは松井証券を使った方法です。

松井証券のメリット

松井証券は、インターネット対応の証券会社のパイオニアです。もちろんスマホアプリも対応しています→ 【株touch(iOS)
そして、特筆すべきは1日の株式売買合計が10万円までなら手数料が無料になる点です。
これはかなりいいです。
安いとこでも100円くらいしますので、無料は大きいです(╹◡╹)

低位株投資と相性がいいですね。

えなこいんも、はじめて使った証券会社は松井証券でした。
また今でも複数開設している口座の中でも主力の一つとなっています。
初心者の方に特におススメです。

デメリットは週末(株式市場はしまっている)にメンテナンスをやっていることが多くその間はログインできない点くらいです。

ちなみに、バーコード株投資法ですが1か月くらいしか続きませんでした。
最初は、数百円を1週間に何回も儲けていたのですが、ある日、株が値上がりしてしまって、周期が崩れてしまったのでした でも儲かりました (さらに株主優待までゲット)笑

草コイン好きの方や、低位株という言葉に興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?
投機に近い銘柄もありますのでご注意。
もちろん投資は、ご自身のリスクの範囲内で自己責任でお願いします。


▲ 松井証券に申し込む ▲

まじめな投資記事はじめました

ではでは〜