プログラミング(ブロックチェーン)

イーサリアム用言語 Solidity を日本語で学ぶ5つの方法:サーバーの借り方も

えなこいん@enakko_net です。

ブロックチェーンの一つイーサリアム上で動くプログラム
スマートコントラクトを記述するための言語 Solidty について
日本語で学ぶ5つの方法について紹介します。

はじめの一つは、ゲーム感覚で学べるので
非プログラマーな方にもおススメです(╹◡╹)

1.クリプトゾンビ

えなこいんも最新まで終わらせました。
サーバーを用意しなくても、コードを遊びながら書いて覚えられるサイトです。

近々登場するレッスン6まで終えた人には、無料で LOOMトークン配布だそうですよ。

えなこいんも、現在公開されているレッスン5まで終わらせました


まだちょっと、判定システムがいけてないので
一度正答しなかったら答えをさっさと見ながら進めてしまうのがいいです。

2.自分でサーバーを用意して動かしたい

日本語記事だと
【イーサリアム】 SolidityとTruffleでペットショップのDappをつくる
がわかりやすいです。

サーバーと、ブラウザ側のフロントエンド、両方の書き方が学べます。

3.日本語コミュニティで勉強する

@amachino さんの主催する Discord コミュニティがあります。
Ethereum 開発者向けコミュニティを作ったよ

ハイエーテルというコミュニティです。初心者向けのチャンネルがあります。

ただし、このDiscord に入るにはちょっとした試練がありますので
本気度が試されます(^-^

4.最近よく見る講座

最近よく見るTechAcademy [テックアカデミー]
の講座です。
ブロックチェーンを教えてくれる講座は、私の知る限りここだけです。
ただし13万円。
(会社によっては補助が出るかも?)



▲TechAcademy で講座を探す▲

5.本で学ぶ

ブロックチェーン講座、気になるけど流石に13万円出せないよ! という方

講座で使われているテキストがあります

前半はブロックチェーン技術についての説明で、後半が実装となっています。

えなこいんのブログまで辿り着かれるような方はおそらく、前半についてはバッチリだと思うので半分は理解できると思います。
後半はがっつりコーティングなので、本を読みながらの学習がしたいという人にはおすすめです。

サーバーはConoHaがいいです

ブロックチェーンの開発やお勉強は、サーバーが必要です。

しかし、サーバーを構築したり、バージョンを整えたりするのはなかなかに、お金や時間がかかります。
Linuxサーバー、あるいは仮想環境を買ってきたパソコンにセットアップしていくのはなかなかに骨が折れる作業です。
せっかく勉強したい気持ちや時間がなくなってしまいます。
OSを変えたい、バージョンを変えたい・・・という時も、気がめいってきます。

そこで、選択肢にあがってくるのが、レンタサーバーやクラウドやVPS(バーチャルプライベートサーバー)なのですが、いろいろ調べたところ、
勉強用のサーバーは ConoHa がおすすめ!です。




メリットは
安い。
入会金がかからない。
ワンボタンでサーバーを増減させられる。
その場合時間単位の課金になる。

デメリットは、
ディスクが速いけど少なめ。
本気でCPU100%負荷をかけつづけてたら止められる
くらいです。

ディスクはダウンロードしまくったりしない限り問題にはなりません。
常時CPU100%もマイニングしたりしない限り大丈夫です(笑)

えなこいんもヘビーに愛用しています、マスコットも清楚でかわいい(╹◡╹)
(実は bitpet の解析もConoHaでやってます)


▲ConoHa を試してみる▲

一番安いプランで十分です、ではでは(^-^